運営者情報

チタンネックレス愛用者の猪木さん?

エッ、マジ!?

アントニオ猪木さんのトレードマークが「1、2、3ダァーッ」は商標登録されているそうです。

だから、勝手にその名前を付けて商品を開発できないんですって。

もちろん他の「ボンバイエ」、「猪木イズム」、それから「闘魂」までも商標登録されているそうですよ。

あと、チタンに関連したニュースを。

チタンの価格が2年連続で下落・・・・

チタンはレアメタルの一種。いったんチタン鉱石を精製し海綿状のスポンジチタンを中間品として製造。

さらにそれを融解して塊状にしたうえで管や板など展伸材に加工し、配管などに使う。

国内展伸材メーカーの出荷量は13年は前年比2割減となった。

中国で建設が一巡した発電所向けの輸出が12年の半分以下になったほか、船舶などに搭載する熱交換器向けの輸出も減った。

国内は自動車向けで需要の減少が続いている。

13年にはリーマン・ショック前の07年の7分の1程度まで減った。

オートバイなどのマフラーに使われたが、安価なステンレスに切り替えが進んだようだ。

「製鉄会社はスポンジチタンの在庫調整を今年度も続ける」見込みだ。

海水淡水化プラントの配管用は堅調だが、13年度にあった大型淡水化プラント向けが14年度はなくなる見込み

。「中東などの淡水化プラントは1件で千トン単位の受注。需給への影響が大きい」という。

航空機部品を中心に海外向けも値下がりしている。

スポンジチタンの14年の輸出価格は平均で前年比5%安い水準で決着。

米ボーイングや欧エアバスは新機種を投入、航空機の製造機数は増える。

しかし足元ではチタンの端材などを再利用する比率が高まりスポンジの供給過剰感は強い

。 世界のチタン需要は、主力の航空機向けで新品の引き合いが減少。

淡水化プラント向けを除き停滞感が強い。

日本は世界のチタン生産量の1割強を占め、3分の2が淡水化プラント向けなどに輸出されている。

需要低迷を受けてスポンジメーカーは減産を進めている。

日本チタン協会によると、13年の国内のスポンジチタン生産量は3万4600トンで12年から4割減った。

東邦チタニウムは今年、主力拠点の茅ケ崎工場(神奈川県茅ケ崎市)で一部の製錬設備を廃棄し、生産能力を3割弱にあたる年3600トン削減した。


www.ファイテンチタンネックレス.com運営者:【Recommend Style☆Ami】
E-mail:news1962online★yahoo.co.jp
※最近迷惑防止のため★を@の小文字に変更して下さい
住所:東京都世田谷区

ファイテン【チタンネックレス】の人気おすすめランキングのトップページへ